スマートフォンの歴史や
ビジネスモデルの変化について知ろう!

スマートフォンについて

今のご時世、スマートフォンを使っているのは若者だけ、という認識では到底ビジネスの世界では渡っていくことが出来ないと言われています。何故なら、どのような産業においても、その入り口となる窓口としてスマートフォンは今や一般的なものとして認識されているからです。では、そのスマートフォンにはどのような歴史があり、マーケットの移り変わりにおいてどのような特徴を持っているのでしょうか。

2005年には世界でも独自の進化を遂げていた日本の携帯電話ですが、その状況を打ち破ったのがiPhoneです。登場当初はいささか冷ややかな目で見られていたiPhoneですが、アプリケーションストアや3Gネットワークへの対応を行ったことで日本のマーケットに対して急速に順応していきます。そしていつしか、iPhoneは日本の携帯市場のど真ん中に君臨したのです。

それに対抗できるのは、グーグルのAndroidだけでした。他のメーカーも追随しましたが、日本の市場に根付いたものは少ないです。また、山寨機の存在も見逃すことが出来ません。大手のコピーである山寨機ですが、世界中にスマートフォンを広げる役割を果たしました。

また、スマートフォンが広がったきっかけは、アプリケーションを使って音声や動画を届けることが出来るようになり、通話機能の存在感が薄れたことやSNSが台頭したことも挙げられます。今後は大手メーカーと新興勢力、さらには、まだスマートフォンが普及していない地域においてのシェア争いがどのようになるのか注目です。

スマートフォンの歴史において、日本と海外でどのような違いがあるのか知りたい人に向けた記事を書きました。あなたの知識欲を満たす内容となっていますので、是非最後までお付き合いください。


◆スマートフォン関連 お役立ち情報
スマートフォンを日常的に使うようになった今、長時間使うためのバッテリーは欠かせません。iPhoneを使っている方は、バッテリーの減りが早くなったと感じたらこちらの修理店を利用してみてください ⇒ iPhone バッテリー