スマートフォンの歴史や
ビジネスモデルの変化について知ろう!

現在の携帯文化を形成

iPhoneの流行によって、アプリケーションが大きなマーケットとして確立しました。アプリケーションの開発者はこぞって皆に愛されるようなサービスを生み出そうと群雄割拠の時代に突入したのです。さらに、通信事業者もiPhoneを次第に優遇していき、「iPhoneを取り扱っている」ということが大きな強みとなってきます。そのため、アップルと交渉して契約を結ぶ通信事業者も急増したのです。

iPhoneの端末の代金を大きく割り引くことと引き換えに、固定契約を複数年で結ばせるというビジネスモデルも各地方で一般的になったころ、ネットワークがデータトラフィックに対応出来ないのではという問題が発生しました。ガラケーからスマートフォンの転換期となったiPhoneの対応によって、アプリケーションマーケットの誕生、通信事業者の市場シェアの変動、それからビジネスモデルの変化、さらに、ネットワークの増強など、日本の携帯産業自体がiPhoneの存在によって一変させられたのです。

日本の現在の携帯文化はiPhoneの登場抜きには語ることが出来ません。それだけiPhoneの登場は革命的であり、瞬く間に世間に受け入れられたのです。そして、iPhoneに対応するべく作られた環境こそが、今の携帯文化の礎となったと言っても過言ではありません。